So-net無料ブログ作成
検索選択

JR脱線 立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も(産経新聞)

 「可能な限りの安全対策を取ることは市民感覚としても当然のことである」

 JR福知山線の脱線事故について、歴代3社長も起訴すべきだと議決した神戸第1検察審査会は、議決理由でこう言い切った。

 改正検察審査会法に基づき、昨年5月の裁判員制度導入と同時に大幅に権限強化された検審。東京では政治資金規正法違反事件に絡み、鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長が審査対象となるなど、社会的に注目を集めることも多くなった。今回の起訴議決は「国民の常識や視点を反映する」という当初の狙いが機能し始めていることを示した。

 検審の起訴議決第1号となった明石歩道橋事故をめぐる議決では、「検察官の基本的立場は被疑者が有罪か無罪かという点にある。しかし、審査会の立場は、市民感覚の視点から、裁判で事実関係や責任の所在を明らかにすることを望む点に置く」と、刑事裁判の位置づけを変えることを“宣言”した。

 ただ、「市民感覚」の名のもとで、公開の裁判にかけてしまうことは、過剰な社会的制裁を与えることにつながりかねないという危険性も秘めている。

 とりわけ、今回の事件の時効は4月30日。議決理由にも「議決時期が時効完成後になることは絶対に回避する必要があると考えた」とある。今後、「判断は拙速ではなかったか」との見方も出そうだ。

 確かに、100人以上の乗客が犠牲になった結果の重大性や、被害者救済という観点からは、「起訴」という判断は国民感覚に近いものがある。

 しかし、法律家の視点では業務上過失致死傷罪成立へのハードルは低くない。神戸地検幹部は昨年12月、検察審査会に「事実を誤解している可能性がある」と言及している。

 「市民感覚」と「法律家の感覚」を、どう折り合いをつけていくか。今回の起訴判断は、捜査も含めた刑事手続きを根本から変えてしまう可能性もあり、公判過程と裁判所の判決が注目される。(酒井潤)

亀井氏、「自主防衛力の強化を」(産経新聞)
子宮頸がんワクチン接種 定期検診とセットで(産経新聞)
<中国毒ギョーザ>中国政府から容疑者逮捕の連絡…外務省(毎日新聞)
バイオラバー販売会社に罰金=「がんに効果」、薬事法違反−京都簡裁(時事通信)
離任式 岸壁から「先生、ありがとう」 岩手・大船渡(毎日新聞)

国外移設へ首相を説得=社民・福島氏(時事通信)

【風】「エリート公立校」誕生へ(産経新聞)

 先週に引き続き、公立校についてのお話を。週末にご紹介したメールには《公立高校で勉強すれば難関大に合格できるように》とあったが、これを目指した取り組みも始まっている。

 大阪府の橋下徹知事が「日本のトップになるようなカリキュラムを組み立ててほしい」とはっぱをかけ、平成23年度から大阪府立の高校で導入される「進学指導特色校」構想がその一つ。平たくいえば、東大や京大などへの進学者を増やす「エリート公立校」をつくるのだ。

 指定校は、過去の進学実績などから、北野▽豊中▽茨木▽大手前▽四條畷▽高津▽天王寺▽生野▽三国丘▽岸和田−の計10校に決まった。残念ながら府内出身である筆者の母校は選ばれなかったが、名前を見ると旧学区での偏差値トップ校がずらりと並んでおり、「仕方がないのかな」と妙に納得してしまった。

 構想では、この10校に「文理学科」という専門学科を置き、府内全域から生徒を募集。高度な学習を行うほか、大学との連携や海外への短期留学なども検討されている。

 府教委の担当者に聞くと、「特色校では生徒が希望する進路の達成度を高めたい」とのこと。だが、内部では、これまで府立高校からの入学が約千人だった東京京都、大阪、神戸の各国立大や慶応、早稲田といった難関私大について、合格者約6割増を目指すもくろみもあるのだとか。

 さて、ここで聞いてみた。「エリート校に行けば、塾や予備校は不要になるんですか?」

 「十分なものを提供したい。今でもそうですが、塾や予備校に通うことを前提にした授業をするというわけじゃないです」と担当者。さすがに府教委の立場で「塾はいらない」と言えないようだ。

 難関大の合格者が多い私学でも、塾や予備校に通う生徒は多いというから、学校教育の充実で塾通いが激減するわけじゃないかもしれない。ただ、例えば塾や予備校のカリキュラムの聴講を1つやめたり、通う日数を減らしたりすれば、それだけでコストカットになる。公教育の充実はぜひとも実現してほしい。(真)

【関連記事】
公立から難関大に合格できる?
東大合格に異変!「首都圏名門」上位独占、「地方」激減
不況でも削れぬ…中学生の塾代最高 年間18万7千円
採用されない新人教員、過去最多 3割は精神疾患
格差も“世襲” 富裕層は高い教育や人脈引き継ぐ

風力発電の健康影響調査=低周波音で住民から苦情−環境省(時事通信)
民主、生方副幹事長を解任 辞任拒否で“粛清”「動き出てくる」?(産経新聞)
老後に「不安」8割 公的年金に期待なし5割(産経新聞)
風力発電の健康影響調査=低周波音で住民から苦情−環境省(時事通信)
糖尿病治療+観光ツアー、徳島県が世界にPR(読売新聞)

2歳男児連れ回され保護=50代男の身柄を確保−警視庁(時事通信)

 東京都東久留米市のスーパーで17日午後から2歳の男児が行方不明となり、警視庁は18日、約12時間後に男児を無事保護し、一緒にいた50代の男の身柄を確保した。
 捜査関係者によると、男は「かわいかった」と話しており、同庁捜査1課は、未成年者略取などの疑いで男から詳しい事情を聴いている。 

<前原国交相>八ッ場ダムの湖面1号橋工事継続(毎日新聞)
<性的暴行容疑>逮捕の英会話教師、保護者から性教育承諾書(毎日新聞)
主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解(産経新聞)
飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑−沖縄県警(時事通信)
【新・関西笑談】最高のウイスキーを求めて(2)(産経新聞)

<鳩山首相>ミス日本の女性7人が表敬訪問(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日、首相官邸で10年度ミス日本の女性7人の表敬訪問を受けた。首相は、記念撮影でミスたちから体を寄せられるなどたじたじの様子ではあったが、グランプリの林史乃(みな)さんらの「日本のすばらしさを伝えるお手伝いをしたい」といったあいさつに聴き入り、「幸せな瞬間でありました」と満足そうな笑顔。同席した平野博文官房長官も「今日が一番良い日だ」と日ごろの会見とは一転、ほおを緩めっぱなしだった。【中島和哉】

【関連ニュース
鳩山首相:「弟・邦夫氏と連携するつもりもない」
鳩山内閣:支持率続落43%…不支持が逆転 本社世論調査
鳩山首相:支持率下落は偽装献金が一因と陳謝 奈良を視察
鳩山首相:小林議員の出処進退「自身で判断すべきこと」
鳩山首相:4月の核安保サミット出席の意向

<トキ襲撃>テン駆除に専門家が論争 生態系壊れる?(毎日新聞)
明細書、窓口対応と入金機の併用は「非常に微妙」―厚労省(医療介護CBニュース)
正面衝突で男性2人死亡=小中学生きょうだいも重体−堤防沿いの県道・名古屋(時事通信)
老後に「不安」8割 公的年金に期待なし5割(産経新聞)
<火災>民家から出火 男性?1人死亡4人搬送 大阪・茨木(毎日新聞)

公・共の賛成ありがたい=子ども手当法案の衆院通過−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は16日夕、子ども手当、高校授業料実質無償化の両法案の衆院本会議の採決で、野党の公明、共産両党が賛成したことについて、「ばらまきのような批判も一部ではあったが、大変ありがたいと感謝している」と述べた。
 また、2011年度以降の子ども手当の財源に関し「子どもに将来の負担が増えるみたいな話に陥ってはいけないので、徹底的に歳出削減、予算見直しを行って財源を見いだしたい」と強調した。 

【関連ニュース
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
日韓EPA交渉の再開模索へ=鳩山首相が関心、こう着打開目指す
B型肝炎訴訟で閣僚会議=国家戦略担当相が窓口
トキ襲撃の記述を=生物多様性国家戦略に

首相動静(3月11日)(時事通信)
首相動静(3月12日)(時事通信)
“ミスター年金”事務所視察で指示連発(読売新聞)
大阪府教委も国を滅ぼす!? 元校長激白「国旗降ろせと圧力あった」(産経新聞)
甲子園歴史館にゆかりの品寄贈 “球児の母”尼宝館元女将(産経新聞)

<「のぞみ」発煙>歯車箱の破損は部品脱落が原因(毎日新聞)

 山陽新幹線「のぞみ」の車内で白煙が立ち込め運行が停止されたトラブルで、JR西日本は8日、歯車箱が破損した原因について、箱内部にあるベアリングの部品(コロ)が脱落して歯車に巻き込まれ、その結果、箱が内部から突き破られた可能性が高いと発表した。外部からの圧力によるものでなく、部品の不具合が原因とほぼ断定した。今後、部品が脱落した理由について、鉄道総合技術研究所(東京都)と協力して分析を進める。

 JR西は同種車両632両の点検を進めているが、今のところ、他の歯車箱に不具合は見つかっていない。

 トラブルは3日夜、博多東京行き「のぞみ56号」で発生。1車両に4本ある車軸に1個ずつついている歯車箱の一つが破損し、中のオイルが漏れた。白煙はこのオイルが気化したものとみられる。

 JR西によると、ベアリングは箱内部にある大小二つの歯車を挟んで軸の両側についている。ベアリングの外側は箱の内壁と接しており、円すい形のコロ(底面直径2.15センチ、長さ2.4センチ)が当たることによって、軸の回転による摩擦を箱に伝えない仕組み。今回のトラブルでは、小歯車側にあるコロ(計26個)がすべて脱落。大歯車に巻き込まれて箱への圧迫を繰り返し、突き破ったという。

 また、JR西は問題の歯車箱について、2月に内部のオイルが急速に汚れる事態が発生していたことを明らかにした。2月2日の検査時に汚れたオイルを交換したが、翌3日には再び黒ずみ、改めて交換した。JR西は「異常の予兆だった可能性がある」としているが、「まれにあるケースで作業自体は適正だった」と説明した。【鳴海崇】

【関連ニュース
異臭:最新型「のぞみ」で 車輪の歯車箱破損 山陽新幹線
JR東海:架線切れ事故で再発防止策 常務ら処分
首都圏・雪:東海道新幹線、一時減速 上下55本に遅れ
首都圏・雪:日暮里・舎人ライナー、一時ストップ
新幹線:500系「のぞみ」最終走行 ファンが詰めかける

鳩山政権 09年度予算を検証へ 参院選へアピール?(毎日新聞)
<鳩山首相>支持率回復への改造否定(毎日新聞)
エルニーニョ、春に終息か=インド洋高温、北日本冷夏も−気象庁(時事通信)
放火容疑で社員の男逮捕=滋賀リビング新聞社の火災−県警(時事通信)
「太陽の塔の顔」ミステリー 大阪万博40年未だに探索続く(J-CASTニュース)

学力テスト 問われる抽出方式(産経新聞)

 自主参加を含めた参加率が、都道府県別で100%から約25%までばらつきが出た平成22年度の全国学力テスト。参加率の低い県からは、独自テストの実施や、「厳しい財政で国のテストまで負担できない」として市町村の負担増を不参加の理由とする声も目立った。

 ばらつきによって同テストの意義が薄れる可能性もあり、結果的に7割超が参加する同テストを、全員から抽出へと転換した文科省の政策が問われそうだ。

 平成19年度に43年ぶりに復活した同テストをめぐっては、民主党の支持団体の日教組が一貫して廃止を主張。川端達夫文科相は「個々の学校が成績を上げることだけを競争し合うことになっては意味がない」として抽出化を表明、概算要求では4割とし、行政刷新会議の事業仕分けでさらに縮減を求められた。

 しかし、同テストの関係者によると、文科省が昨秋に市町村の意向を調べたところ、参加希望は8割に達し、「抽出率を下げても、自主参加で限りなく全員調査に近づく」との見通しを得ていたという。

 実際には、学校設置者である市町村の参加の判断は都道府県の支援の有無で決まったケースも多く、100%参加の福岡県では、福岡市教委が「財政的課題は県の予算付けでクリアできた」と説明。高知県教委も「全国的に検証しうる初めての客観的データ」として同テストを尊重、市町村が採点などで負担する費用を県が予算計上している。

 対照的に、参加率が3割弱の神奈川県教委は「市町村の財政は厳しく、自己負担してまで国のテストを受ける割合は低い」と説明、独自テストも行う横浜市では参加ゼロとなっている。

 7割超の参加率について、文科省の担当者は「客観的データを基に、市町村や学校が連携して教育改善を図る動きが定着してきたことの表れ」とした上で、「今後の参加率の動向は読めないが、この流れは抽出化によって停滞すべきではない」としている。

原口総務相、ツイッターで津波情報流し弁明(読売新聞)
<高速道路>財源転用を法案化 割引分の一部、建設に(毎日新聞)
<訃報>田辺博通さん87歳=元国税庁長官(毎日新聞)
「内閣改造の発想ない」 支持率3割台突入で首相 打開策にも言及(産経新聞)
遅刻の弁解「みっともない」=首相らに苦言−江田議長(時事通信)

<雑記帳>映画「みつばちハッチ」の製作発表 今夏公開(毎日新聞)

 70年代の人気アニメをリニューアルした映画「昆虫物語みつばちハッチ 勇気のメロディ」の製作発表が8日、東京・銀座であり、声優を務めるアヤカ・ウィルソンさん(12)が「みつばち大使」に任命された。

 映画は今夏公開。群れ崩壊が世界的問題になる中、養蜂業界は振興につなげたいと期待する。みつばちの日に合わせて発表し、アヤカさんは「誕生日はハチミツの日(8月3日)です」と笑顔を見せた。

 日本養蜂はちみつ協会会長の大島理森自民党幹事長も出席。党内若手からは「顔が怖い」と批判されたが、キュートなアヤカさんの前では、好々爺(こうこうや)のようなあまーい表情を浮かべた。【小泉大士】

【関連ニュース
アヤカ・ウィルソン:「誕生日はハチミツの日」 劇場版「みつばちハッチ」で声優に
京のお店:京都西陣・蜂蜜専門店 ドラート(上京区) /京都
アヤカ・ウィルソン:「誕生日はハチミツの日」 劇場版「みつばちハッチ」で声優に
はちみつ共励会:自慢の出来栄え競う−−多治見 /岐阜
米ドキュメンタリー、水と緑の地球環境本部で上映−−26日 /東京

キム・ヨナ「五輪憲章違反」? アクセサリー巡りネット過熱(J-CASTニュース)
条項削除、前提にせず=教員の罰則適用検討で−川端文科相(時事通信)
失意の人々和ませ14年、犬の「純平」天国へ(読売新聞)
都島の失跡社長 マカオで服役の男逮捕へ 府警 殺害・遺棄 自供から10年(産経新聞)
津波避難指示、むつ市が851世帯に出し忘れ(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。